妄想小説② ちょっと怖い別荘の教授

《事前説明: これは、お店がオープンするだいぶ前、まだ僕たちの頭の中にしかお店がなかった頃に、そこへ来るお客様や僕たちなどを、妄想して書いたものです。実際にオープンした今となっては、かなり妄想と現実とで異なる部分もございますが、当時のまま転載します。》 この別荘地に居を構えて10年以上になる。 県内には他にも数多くの別荘地があるが、高速のインターからの距離ではここが一等上等だと思っ…

続きを読む