お昼の一杯。

自分でお店を始めて良かったことの一つに、 お昼の休憩時間に、少しのアルコールを楽しめることがある。 といっても、すっかり酔うほどに飲むのではなく、 少しゆっくりできそうなお昼ご飯のお供に、 ワインや日本酒を少量いただく位のものである。 しかし、これが何とも贅沢な心地だ。 雇われて赴く職場で休憩時間にワイングラスでも傾けていようものなら、 それが量の大小に関わらず、また運…

続きを読む

ひぐらしのこと。

梅雨が明けたかと思ったら台風が来て、 夕刻から大変な豪雨になった。 まるで銃撃を受けているような激しさで雨粒が叩きつけ、 怖いくらいだった。 そんな中でも、ヒグラシが鳴き続けていた。 激しい雨音に負けないようにカナカナと、 一心不乱に鳴き続けていた。 セミは成虫になってからはそんなに長く生きないと聞いたから、 もしかしたら、そん…

続きを読む

森の結界。

当店へと登る、林の中の細道は、それこそ樹々のトンネル状になっていて、 大きな車では木の枝が当たるほどです。 ※特にこの雨の時期は、枝がしなって垂れ下がるので尚の事。 大きなお車のお客様は枝を嫌がるかもしれませんが、どっちみちお店の直近の駐車場は狭く、 大きなお車はトンネルの手前で別の駐車場をご利用いただく必要がありますし、 トンネルはそのままで良いかな〜なんて思っています。 …

続きを読む